旧永井家住宅(旧所在 東京都町田市小野路町) ながいけじゅうたく

住居建築 / 江戸 / 関東 

東京都
江戸中期/1601-1700頃
桁行15.0m、梁間8.8m、寄棟造、茅葺
1棟
東京都町田市野津田町3270番地町田市立薬師池公園内
重文指定年月日:19780121
国宝指定年月日:
町田市
重要文化財

東京都中央部の多摩丘陵にあった農家で、昭和四十九年度に現在地へ移築された。寄棟造、茅葺、平面は古式な三間取広間型で、側廻りは閉鎖的な造りになる。 都下では最古に属する民家で、神奈川県へかけての分布を知るうえに重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧永井家住宅(旧所在 東京都町田市小野路町)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧宮崎家住宅(旧所在 東京都青梅市成木)
旧高橋家住宅(埼玉県朝霞市根岸台)
大場家住宅(東京都世田谷区世田谷) 主屋
大場家住宅(東京都世田谷区世田谷) 表門
旧恵利家住宅(香川県大川郡大川町)
ページトップへ