旧オルト住宅(長崎県長崎市南山手町) 附属屋 おるとじゅうたく ふぞくや

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 九州 

長崎県
江戸末期/1865
煉瓦造、建築面積108.1m2、一階建、西面庇付、桟瓦葺、主屋間渡廊下附属
1棟
長崎県長崎市南山手町14番地グラバー園構内
重文指定年月日:19720515
国宝指定年月日:
長崎市
重要文化財

この住宅は石造一階建で三方にタスカン式の列柱を配したベランダを設け、正面に切妻造のポーチが突出する。 長崎の洋風住宅の中では建設年代の古いものに属し 意匠もよい。 古図により 当初の各室の用途が知られることは珍らしい。主屋背後にある付属屋および倉庫は煉瓦造で、建築年代は明治中期のものであるが、長崎の洋風住宅で別棟の台所、倉庫の現存する数少ない遺例として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧オルト住宅(長崎県長崎市南山手町) 附属屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧オルト住宅(長崎県長崎市南山手町) 倉庫
旧オルト住宅(長崎県長崎市南山手町) 主屋
旧グラバー住宅(長崎県長崎市南山手町) 附属屋
旧グラバー住宅(長崎県長崎市南山手町) 主屋
旧長崎英国領事館 附属屋
ページトップへ