母ワキ肖像 ははわきしょうぞう

油彩画 

小林千古 (1870(明治3)年-1911(明治44)年)
コバヤシ・センコ
明治32年頃/1899年頃
油彩・画布
68.0×51.0
1面

小林千古(1870-1911)は、広島県廿日市市出身。18歳で渡米後、画家を志して、カリフォルニア・デザイン学校に入学。苦学しつつも才能を開花させ、同校主催の人体デッサンや油彩画のコンクールで、高い評価を獲得しています。
 この作品では、落ち着いた色調と丁寧な筆遣いで、母親の半身を写実的に表現。明暗の対比を効果的に用いて、質感まで再現した描写からは、アメリカで学んだ堅実な手法を見て取ることができます。画面から伝わる素朴で誠実な人柄は、現存する千古の肖像画の中でも、本作の印象を特に強いものにしています。丹念な描写が醸し出す、忘れがたい存在感は、作者が母に抱いた深い敬慕の情を示しているようです。

作品所在地の地図

関連リンク

母ワキ肖像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ミルク・メイド
ミルク・メイド

小林千古

コミサ(洋傘による少女)
帽子をかむる自画像
ベッドフォード伯爵夫人 アン・カーの肖像
ベッドフォード伯爵夫人 アン・カーの肖像

ダイク、アントニー・ヴァン

赤い肩かけの婦人像
赤い肩かけの婦人像

三岸好太郎

ページトップへ