ミルク・メイド みるく・めいど

油彩画 

小林千古 (1870(明治3)年-1911(明治44)年)
コバヤシ・センコ
明治30年/1897年
油彩・画布
69.0×50.8
1面

小林千古(1870-1911)は、広島県廿日市市出身。18歳で渡米後、画家への志望を募らせ、カリフォルニア・デザイン学校に入学。苦学しつつも才能を開花させ、同校主催のコンクールでは最優等を獲得しています。
 卒業の翌年に描いたこの作品では、堅実な描写で乳絞りの女性を表現。強い陽射しを浴びて、荷物を手に独り歩む姿には、画家として生きる作者の地道な歩みが重なるようです。出稼ぎ労働者とともに渡航し、生きることは働くことに他ならなかった作者は、働くものへの深い理解と共感を込めつつ、この作品を描いたと見ることも出来るでしょう。
翌年、日本に帰国した作者は、さらなる向学心を抱いて間もなくハワイに渡ります。同地では肖像画を描いて評価を高めつつ資金を獲得、ヨーロッパへの留学を実現させました。西洋の美術を幅広く学んだ千古の作品は、帰国後、画壇で大きな注目を集めることになります。

作品所在地の地図

関連リンク

ミルク・メイドチェックした作品をもとに関連する作品を探す

母ワキ肖像
母ワキ肖像

小林千古

熱海野島別荘
熱海野島別荘

梅原龍三郎

プラットホーム
プラットホーム

檜山武夫

さいはて
さいはて

宮崎進

帽子をかむる自画像
ページトップへ