多田家住宅器蔵 ただけじゅうたくうつわぐら

住居建築 / 昭和以降 / 九州 

福岡県
昭和前/1933頃
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積37㎡、渡廊下付
1棟
福岡県朝倉郡筑前町森山字耳取417-1
登録年月日:20130329
登録有形文化財(建造物)

隠居屋東面に、太鼓橋状の渡廊下を介して東西棟で建つ。土蔵造二階建、桁行七・六メートル梁間四・八メートル、切妻造桟瓦葺である。外壁は漆喰塗で腰を海鼠壁とし、南面に上下二箇所ずつ窓を穿つ。什器類を収めた土蔵で、主庭の景観を引き立てている。

作品所在地の地図

関連リンク

多田家住宅器蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

多田家住宅北ノ蔵
多田家住宅前ノ蔵
多田家住宅長蔵
多田家住宅倉庫
多田家住宅隠居屋
ページトップへ