七夕池古墳 たなばたいけこふん

古墳 / 九州 

福岡県
糟谷郡志免町
指定年月日:19750626
管理団体名:志免町(昭50・7・29)
史跡名勝天然記念物

S50-5-123七夕池古墳.txt: 光正寺古墳の北方、狭い谷をへだてて300メートルほどの所にある円墳である。墳丘は径29メートル、高さ約3メートルで、周囲に幅3.5メートルの濠をめぐらす。3段築成で葺石もよく残っている。主体部は川原石小石積の竪穴式石室で、長さは1.8メートルほどしかない。石室内には木棺を納めた痕跡があり、木棺の短辺の側抜は地中にさしこまれた特色あるものである。この内には、4、50代の女性が葬られており、遺体の周囲には小型の〓(*1)製鏡や[[琴柱]ことじ]形石製品等の副葬品が発見されている。この古墳は、光正寺古墳とともに、宇美川流域における主要な古墳群を形成しているものである。

作品所在地の地図

関連リンク

七夕池古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

光正寺古墳
黒姫山古墳
百舌鳥古墳群<BR/> いたすけ古墳<BR/> 長塚古墳<BR/> 収塚古墳<BR/> 塚廻古墳<BR/> 文珠塚古墳<BR/> 丸保山古墳<BR/> 乳岡古墳<BR/> 御廟表塚古墳<BR/> ドンチャ山古墳<BR/> 正楽寺山古墳<BR/> 鏡塚古墳<BR/> 善右ヱ門山古墳<BR/> 銭塚古墳<BR/> グワショウ坊古墳<BR/> 旗塚古墳                <BR/> 寺山南山古墳<BR/> 七観音古墳<BR/> 御廟山古墳内濠<BR/> ニサンザイ古墳内濠
雪野山古墳
黒塚古墳
ページトップへ