尾鷲わっぱ製作技術 おわせわっぱせいさくぎじゅつ

その他の画像全2枚中2枚表示

漆芸 

尾鷲市指定
指定年月日:20130826
無形文化財(工芸技術)

 「尾鷲わっぱ」の製作起源は不明であるが、江戸初期尾鷲林業の振興とともに山林従業者が急増し、これらの人々の食器として木製曲げ物(わっぱ)が既に使用されていた。同じころカツオ漁も盛んとなり、漁師らも専ら食器に「わっぱ」を愛用した。
 製作工程は45工程。素性のよい尾鷲ヒノキ材を板に割り、水に浸けておき柔らかくしてから曲げ、桜の皮で継ぎ目を閉じ、漆を塗る。純粋な漆はヒノキ材によく浸み、剥げることはない。
 平成6年10月19日には、三重県指定伝統工芸品に認定されている。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

尾鷲わっぱ製作技術チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ドブネの製作工程
漆濾紙(吉野紙)製作
ともどの製作工程
小木のたらい舟製作技術
吉野の樽丸製作技術
ページトップへ