白釉水禽文枕 はくゆうすいきんもんまくら

陶磁 /  / 中国 

中国・北宋時代(11世紀)
静岡県三島市
財団法人 佐野美術館

 白釉は、灰色の素地に白土を塗り、透明釉をかけた焼物。産地としては中国河北省の磁州窯が有名だが、この枕はその系統をくむ河南省の作と思われる。水辺の鳥と蓮花を線彫りで表し、地の部分は金工の魚子を思わせる細かな珠文で埋め尽くす。やや小振りながら達者な文様の線が魅力である。

作品所在地の地図

関連リンク

白釉水禽文枕チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白釉黒地白花牡丹文枕
白釉黒地白花牡丹文枕

中国・磁州窯

白釉獅子枕
白釉獅子枕

中国・磁州窯

白釉水注
白釉水注

中国・磁州窯

三彩刻花唐花文枕
三彩刻花唐花文枕

中国・磁州窯

褐釉白覆輪唐草文碗
ページトップへ