Beshieーrugensuifujin

ベシエール元帥夫人

Details

Beshieーrugensuifujin

ベシエール元帥夫人

油彩画

ルフェーヴル、ロベール (1755-1830)

るふぇーう゛る、ろべーる

フランス

1814年頃

油彩、カンヴァス

257.0×188.5cm

1

ベシエール元帥は、フランスの帝国騎兵隊の最高司令官として活躍し、この絵が描かれた前年の1813年に名誉の戦死を遂げた人物。ナポレオンもその栄誉ある死を讃えている。亡き夫を偲んで黒いドレスに身を包み、城館の庭の夫の胸像を見つめるベシエール夫人。夫人の右手首のブレスレットには夫の肖像画が見え、若く美しい未亡人の悲しみと、深い愛情が伝わってくる。肖像画の名手ルフェーヴルの技が冴える作品。

Related Works

Search items related to work chosen