文化遺産オンライン

盃台 五種

はいだい

作品概要

盃台 五種

はいだい

陶磁 / 日本

磁器 染付(右前のみ色絵)

盃台は客に酒を勧めるとき、盃を載せる器で、懐石道具の一種として知られる。本来は木製で漆塗り、引盃と呼ばれる塗りの盃を重ねて用いる。陶磁器の発達にともない、やきものの盃台が現れるようになった。

盃台 五種をもっと見る

国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索