文化遺産オンライン

黒漆天目台

くろうるしてんもくだい

作品概要

黒漆天目台

くろうるしてんもくだい

漆工

明治~大正時代 19~20世紀

木製漆塗

高7.0 口径9.2 羽径17.0 底径7.6

1基

木製漆塗。天目を載せるための台。本来は天目にともなっているものであるが、台のみで伝世している。天目台は、鎌倉時代、中国の天目山に遊学した僧により茶碗とともに持ち込まれたといわれ、黒漆塗や朱漆塗のほか彫漆や螺鈿で飾られたものなどがある。
本品の作者は明らかではないが、箱書には盛阿弥作と記される。盛阿弥(生没年未詳)は、利休の塗師で豊臣秀吉より天下一の名を許された名工である。真作は「盛」の彫銘をもつとされるが本品には銘はなく、盛阿弥作とは断定しがたい。塗りや形状から近代の作と考えられる。

黒漆天目台をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

天目 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索