瓶子 へいし

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代前期
黒漆塗
口径3.3cm,高さ30.5cm
1口

 木製漆塗の瓶子としては、おおらかな肩張りの曲線を呈するものと、外向き・内向きの曲面が肩の部分で明確に区分されるものとに区分される。瓶子とは酒を入れて注ぐための容器で、とくに朱漆塗のものは、一対で神前に供えられたものと考えられている。本品は、仕上げに黒漆を用いた「黒根来」とよばれるもので、頂上に細長い注口が付けられている。基台がやや厚く小振りであり、腰部が細長いことから、製作年代はやや下るものと思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

瓶子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

朱漆瓶子
足付鉢
黒漆輪花天目台
黒漆塗鯱形兜
足付盥
ページトップへ