足付盥 あしつきたらい

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代前期
朱漆塗
口径30.0cm,高さ15.1cm
1口

 盥に猫脚を付けた、いわゆる馬盥。胴巡りは、木目を活かした木地蝋塗に仕上げている。黒塗のままの底面に「△三」と朱書されており、いくつかセットで作られたもののうちの1口と推測される。茨城・六地蔵寺の資料(重要文化財)とほぼ同形であるが、脚部などに微妙な違いがみられる。このような盥は、罪過を懺悔する仏寺の布薩会の際に、手を水で清めるために用いられたものと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

足付盥チェックした作品をもとに関連する作品を探す

足付鉢
瓶子
菊蒔絵瓶掛
布薩形水瓶
焼締糸目結形水指
ページトップへ