文化遺産オンライン

金箔押輪花天目台

きんはくおしりんかてんもくだい

作品概要

金箔押輪花天目台

きんはくおしりんかてんもくだい

漆工

安土桃山時代 16世紀

木製漆塗

高10.4 口径8.0 羽径15.1 底径7.8

1基

木製漆塗。天目を載せるための台。本来は天目にともなっているものであるが、台のみで伝世している。天目台は、鎌倉時代、中国の天目山に遊学した僧により茶碗とともに持ち込まれたといわれ、黒漆塗や朱漆塗のほか彫漆や螺鈿で飾られたものなどがある。
本品は酸漿と脚の外面、羽裏は黒漆塗地に金箔押とし、羽表面と内部は朱塗とした天目台である。羽は六弁の輪花形で、酸漿が大きく土居も高めである。

金箔押輪花天目台をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

天目 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索