黒漆輪花椀 くろうるしりんかわん

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 /  / 中国 

制作地:中国
北宋~南宋時代・11~12世紀
木製漆塗
高7.9 口径11.5 高台径5.7
1口

外面に黒漆を、内面に朱漆を塗った椀。口縁を六弁の花形(輪花)にあらわしています。底が高く、丸みのある椀形【わんなり】の輪花の器は、晩唐から五代、宋にかけて漆器、金銀器、陶磁器などにおいてひろく流行しました。薄づくりながら、花弁は丸く全体におっとりとした姿が印象的です。

作品所在地の地図

関連リンク

黒漆輪花椀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

朱漆輪花盤
黒漆輪花天目台
黒漆椀
朱黒漆輪花天目台
屈輪文堆黒輪花盆
ページトップへ