文化遺産オンライン

屈輪輪花天目台

ぐりりんかてんもくだい

作品概要

屈輪輪花天目台

ぐりりんかてんもくだい

漆工 / / 中国

制作地:中国

南宋時代・13世紀

1基

天目茶碗をのせるための杯台。茶碗をのせたまま、台ごと手にとって飲みます。大勢で卓を囲み、飲食を楽しむようになった唐・宋時代より、貴族のあいだで流行した器種で、堅牢で熱を伝えにくい漆塗りの台は次第にひろく定着しました。

屈輪輪花天目台をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天目 / / / 茶碗

関連作品

チェックした関連作品の検索