文化遺産オンライン

法螺貝蒔絵小鼓胴

ほらがいまきえこつづみどう

概要

法螺貝蒔絵小鼓胴

ほらがいまきえこつづみどう

漆工 / 能楽 / 江戸 / 東京都

江戸/19世紀

木製・挽物・漆塗

直径10.1cm 高25.4cm 重量476g

1筒

渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 国立能楽堂

収蔵品番号 GK8

独立行政法人日本芸術文化振興会

未指定

小鼓は能楽で用いる打楽器で、胴・革・調べ緒からなる。胴は全長約25センチで、主に桜材で作られている。革は直径約20センチで、若い馬の革を多く用いる。胴と革は調べ緒で連結され、演奏中は調べ緒の締め付け具合で音色を変化させる。また、革に息を吹きかけたり唾液をつけたりすることで湿度を保ち、柔らかな音を維持する。
 阿波作とみられる小鼓胴で、請(うけ)に細かい段カンナがあり、巣間(すあい)に縦筋カンナがある。外側は金梨子地に高蒔絵で法螺貝を表している。
 GK8~10で一具となり、胴と革には花菱模様の唐織の裂で作った袋が附属し、調緒も残る。シテ方観世流・楠川正範(1907~1969)師の旧蔵品である。

法螺貝蒔絵小鼓胴をもっと見る

国立能楽堂 資料展示室をもっと見る

キーワード

/ 調べ / / 小鼓

関連作品

チェックした関連作品の検索