粟生のおも講と堂徒式 あおのおもこうとどうとしき

その他の画像全4枚中4枚表示

無形民俗文化財 / 近畿 

指定年月日:20050221
保護団体名:粟生のおも講と堂徒式保存会
備考:公開日:毎年旧暦1月8日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などへご確認ください)
重要無形民俗文化財

 この行事は、旧有田郡清水町粟生で旧暦1月8日に行われる行事である。おも講は粟生地区の12軒の家で構成され地区内にある吉祥寺の住職とともに講員が般若心経を唱え勤行する行事で、堂徒式は数え3歳児のムラ入りをおも講員が承認する儀礼である。
 誕生以後の適当な時期にムラの成員として認めてもらうために行われるムラ入りの儀礼は各地に見られる。この行事もそのような儀礼の1つであり、地域的特色の豊かな行事として重要である。(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

粟生のおも講と堂徒式チェックした作品をもとに関連する作品を探す

早尾のスッキョン行事
五十猛のグロ
近江中山の芋競べ祭り
男鹿のナマハゲ
上州白久保のお茶講
ページトップへ