初期野磨駅家跡出土遺物 しょきやまのうまやあとしゅつどいぶつ

その他の画像全2枚中2枚表示

土器・土製品類 / 奈良 / 兵庫県 

兵庫県
奈良時代/7世紀後半~8世紀前半
兵庫県赤穂郡上郡町落地
上郡町教育委員会
未指定

 初期野磨駅家跡は、上郡町落地に所在し、7世紀後半に敷設されたと考えられる古代山陽道に付属した播磨国最西端の駅家跡である。古代山陽道の敷設後、ほぼ時間を置かずに掘立柱建物の初期駅家が造営されている。
 出土遺物は、官衙的色彩が強く、中でも亀形硯は出土資料としては日本最大で、地方官衙からの出土は極めて珍しい。

作品所在地の地図

関連リンク

初期野磨駅家跡出土遺物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山陽道野磨駅家跡
上野国新田郡家跡
與井廃寺出土遺物
経納山古墳出土遺物
庵寺山古墳出土遺物
ページトップへ