佐渡金銀山遺跡 さどきんぎんざんいせき

その他の画像全10枚中10枚表示

史跡 / 江戸  明治  大正  昭和以降 / 中部 

新潟県
佐渡市
指定年月日:19940524
管理団体名:佐渡市(平23・1・20)
史跡名勝天然記念物

平安時代から著名な佐渡鉱山のうち、相川鉱山関係遺跡が指定された。相川鉱山は、江戸幕府が直轄地として経営し、大量の金銀を産出した佐渡鉱山の中心である。指定されたところは、道遊[どうゆう]の割戸[われと]、宗大夫間歩[そうだゆうまぶ]、南沢疏水[みなみざわそすい]などの採鉱関係のものと、佐渡奉行所跡、旧時報鐘楼、旧御料局佐渡支庁庁舎などの経営関係遺跡、佐渡鉱山の開発に功のあった佐渡奉行[ぶぎょう]大久保長安の建てた大安寺である。

作品所在地の地図

関連リンク

佐渡金銀山遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧佐渡鉱山採鉱施設 道遊坑及び高任坑
旧佐渡鉱山採鉱施設 間ノ山下橋
旧佐渡鉱山採鉱施設 電車車庫(機械工場)
旧佐渡鉱山採鉱施設 大立竪坑櫓
旧佐渡鉱山採鉱施設 間ノ山上橋
ページトップへ