旧佐渡鉱山採鉱施設 大立竪坑櫓 きゅうさどこうざんさいこうしせつ おおだてたてこうやぐら

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 中部 

新潟県
昭和/1940
鋼製櫓、高さ13.9m、貯鉱庫付、コンクリート基礎及び鋼索用開口部附属、鉱車軌道及びチップラー三基含む
1基
新潟県佐渡市下相川、同相川宗徳町
重文指定年月日:20121228
国宝指定年月日:
株式会社ゴールデン佐渡
重要文化財

 旧佐渡鉱山は、江戸幕府が開いた相川金銀山を端緒とし、明治時代に一時官営となった後、民間の経営により平成元年まで操業した、わが国を代表する鉱山のひとつである。
 旧佐渡鉱山採鉱施設は、昭和13年の重要鉱物増産法に伴って整備された諸施設からなり、大立地区で竪坑を介して各坑道から集められた原鉱は、道遊坑及び高任坑を通って高任地区に運ばれ、粗砕場で破砕、選別された後、貯鉱舎に貯蔵された。
 旧佐渡鉱山採鉱施設は、採鉱から製錬にいたる一連の工程のうち、採鉱にかかる施設が一体で残されており、昭和戦前期の鉱山施設の実像を知るうえで重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧佐渡鉱山採鉱施設 大立竪坑櫓チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧佐渡鉱山採鉱施設 道遊坑及び高任坑
旧佐渡鉱山採鉱施設 高任粗砕場
旧佐渡鉱山採鉱施設 電車車庫(機械工場)
旧佐渡鉱山採鉱施設 大立竪坑捲揚機室
旧佐渡鉱山採鉱施設 間ノ山下橋
ページトップへ