旧吉田家住宅(千葉県柏市花野井) 新座敷 きゅうよしだけじゅうたく しんざしき

住居建築 / 江戸 / 関東 

千葉県
江戸末期/1865
桁行15.2メートル、梁間5.8メートル、寄棟造、北面庇付、南面張出・渡廊下附属、桟瓦葺
1棟
千葉県柏市花野井字原974番1
重文指定年月日:20101224
国宝指定年月日:
柏市
重要文化財

 旧吉田家住宅は柏市街の北方に所在する旧家で、江戸時代には下総台地に拓かれた幕府の軍用馬を放牧する御用牧(ごようまき)の管理にあたる牧士を務めた。
 主屋は、嘉永7年(1854)に建てられた寄棟造、茅葺の建物で、式台を構え、書院や新座敷を別棟で建てるなど、発達した座敷空間をもつ点に特徴がある。
 旧吉田家住宅は、大規模な主屋を中心に質の高い座敷を併設するなど、当地方の農家における住宅形式の到達点を示すものとして高い価値を有している。

作品所在地の地図

関連リンク

旧吉田家住宅(千葉県柏市花野井) 新座敷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧吉田家住宅(千葉県柏市花野井) 向蔵
旧吉田家住宅(千葉県柏市花野井) 長屋門
旧吉田家住宅(千葉県柏市花野井) 西門
旧吉田家住宅(千葉県柏市花野井) 道具蔵
旧吉田家住宅(千葉県柏市花野井) 新蔵
ページトップへ