中川家住宅離れ なかがわけじゅうたくはなれ

住居建築 / 昭和以降 / 近畿 

奈良県
昭和前/1926~1945年/2001年改修
木造平屋建、瓦葺、建築面積24㎡
1棟
奈良県奈良市今辻子町30-1
登録年月日:20141219
登録有形文化財(建造物)

主屋後方に中庭を挟んで建つ。東面入母屋造、西面切妻造で、軒に丸太垂木を配る。庭側の東面は腰を洗出し、上部壁を鼠漆喰塗としてガラス窓をたてる。北面は上部漆喰塗、下部は竪板張である。庭側の採光に配慮した開放的な離れで、風情ある庭景観に寄与する。

作品所在地の地図

関連リンク

中川家住宅離れチェックした作品をもとに関連する作品を探す

中川家住宅渡廊下
中川家住宅蔵
吉岡家住宅渡廊下
奈良町にぎわいの家離れ
河合源七郎家住宅中門及び塀
ページトップへ