阿闍世王経 巻下(五月一日経) あじゃせおうきょう かんげ(ごがつついたちきょう)

その他の画像全6枚中6枚表示

 / 奈良県 

呉原生人書写
奈良時代 8世紀/天平14 742
紙本 麻紙 墨書 巻子 墨界(巾1.9cm)  (軸) 木製 紫檀撥型軸
縦26.7㎝ 長1582.0㎝ 三十四紙(本紙のみ 一紙巾46.2㎝ 一紙二十四行)
1巻
東大寺(奈良)伝来

 光明皇后が亡き父母のために発願し書写させた一切経、いわゆる「五月一日経」の内の一巻。巻尾に光明皇后の天平12年5月1日付けの願文があるところから、その名がある。
 「五月一日経」は、天平8年(736)から20年間にわたって官立の写経所で書写され、総巻数は約7000巻に及んだと推定されている。この数は、当時のわが国に存在した仏典のほぼすべてと考えられる。「五月一日経」は、謹厳な書体や厳格な校正作業と合せ、質量ともにわが国を代表する一切経であると言ってよい。
 この『阿闍世王経』は、父王を殺し母を幽閉して王位についた阿闍世が、釈尊の感化を受けて仏教に帰依し、懺悔して救われるという物語を骨子とするもの。本巻は、写経生の呉原生人が天平14年(742)に書写したことが正倉院文書から知られる。なお『阿闍世王経』の上巻は正倉院聖語蔵に伝えられている。

奈良国立博物館の名宝─一世紀の軌跡. 奈良国立博物館, 1997, p.300, no.102.

作品所在地の地図

関連リンク

阿闍世王経 巻下(五月一日経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小品般若波羅蜜経巻第九(光明皇后御願経・五月一日経)
虚空孕菩薩経巻下(光明皇后御願経・五月一日経)
仏説長者子制経(光明皇后御願経・五月一日経)
大威徳陀羅尼経巻第十五(光明皇后御願経・五月一日経)
根本説一切有部ひっ蒭尼毘奈耶巻第九(光明皇后御願経・五月一日経)
ページトップへ