長刀岩御台場図 なぎなたいわおだいばず

絵図・地図 / 江戸 / 佐賀県 

明治時代写ヵ
紙本着色
縦33.0cm 横42.6cm
1枚
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

長崎湾沿岸部に設置された各御台場における石火矢の配備状況を示した見取図。築造の契機や時期により「在来台場(古台場)」・「新台場」・「増台場」という三種の区分が示されている。「在来台場」とは江戸時代前期に築造された台場。「新台場」・「増台場」とは、文化元年(1804)のレザノフ来航や同五年のフェートン号事件を受けて文化年間に増築された台場。基本的に在来台場は沿岸部、新台場・増台場は山頂や中腹といった高所に位置する場合が多い。
外国船は本図の西(右側)から現れ、北側を通過し入港してくる。在来台場は北東部の突端に置かれていたが、西側つまり沖側に向けて連絡道路が延伸され、増台場の四区画は全てこの道路沿いに並ぶ。備砲数は、増台場は四区すべてが各四挺であるのに対し、在来台場だけ五挺と多い。しかし砲種の点で見ると、800目以上の大型砲は増台場四区に各三~四挺で、在来には一挺しか備えられていない。

作品所在地の地図

関連リンク

長刀岩御台場図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

神崎御台場図
長崎台場跡<BR/> 魚見岳台場跡<BR/> 四郎ヶ島台場跡<BR/> 女神台場跡
長崎表調練図
長崎港内外台場図
神ノ島図
ページトップへ