草津白根のアズマシャクナゲおよびハクサンシャクナゲ群落 くさつしらねのあずましゃくなげおよびはくさんしゃくなげぐんらく

その他の画像全4枚中4枚表示

天然記念物 / 関東 

群馬県
吾妻郡草津町
指定年月日:19610706
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

本白根山(標高2,176m)の東側山腹一帶の広大な地域を占め、アズマシャクナゲは主に石古根山(石尊山)の南斜面、ハクサンシャクナゲは主に殺生河原の東北部を中心として、低山帶上部から亜高山帶にわたる植物の中に点々と自生し、開花時は壮観を呈する。アズマシャクナゲおよびハクサンシャクナゲ群落として有数のものであって学術上の価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

草津白根のアズマシャクナゲおよびハクサンシャクナゲ群落チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花山のアズマシャクナゲ自生北限地帯
湯の丸レンゲツツジ群落
中山風穴地特殊植物群落
縫道石山・縫道石の特殊植物群落
古見のサキシマスオウノキ群落
ページトップへ