徳川秀忠領知判物〈元和三年九月五日/加藤左馬助宛〉 とくがわひでただりょうちはんもつ

文書・書籍 / 江戸 / 愛媛県 

徳川秀忠
とくがわひでただ
江戸時代前期/元和3(1617)年
紙本墨書
45.0cm×62.0cm
1通
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2

2代将軍徳川秀忠が加藤嘉明に、伊予国のうち温泉・和気・伊予・久米・野間・宇摩の6郡10万6397石余りと、浮穴・風早・越智・桑村・周布・新居の6郡の内で8万5217石余りの、合計19万1615石余りを領地として与えることを示した文書。この年秀忠は、諸大名に領地判物、朱印状を与えている。

作品所在地の地図

関連リンク

徳川秀忠領知判物〈元和三年九月五日/加藤左馬助宛〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

豊臣秀吉朱印状〈慶長三年五月三日/加藤左馬助宛〉
福島正則知行宛行状〈天正十七年七月二日/寺内与市宛〉
加藤嘉明書状〈八月十三日/小信州宛〉
元禄伊予国絵図(東・中予部分)
伊予国之図
ページトップへ