三養荘(旧岩崎久彌別邸)本館露地門 さんようそう(きゅういわさきひさやべってい)ほんかんろじもん

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 中部 

静岡県
昭和前/1926~1945
木造、こけら葺、間口1.2m
1棟
静岡県伊豆の国市墹之上字谷戸洞270-1他
登録年月日:20170628
登録有形文化財(建造物)

客間棟の北西に建ち、玄関・茶室棟の茶室に至る。間口一・二メートルの小ぶりな腕木門で、扉は木枠に縦桟を入れた両開きとする。柱、桁、垂木などほとんどの部材を雑木を手斧はつり仕上げとし、屋根はこけら葺。簡素ではあるが、軽快な意匠の露地門である。

作品所在地の地図

関連リンク

三養荘(旧岩崎久彌別邸)本館露地門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三養荘(旧岩崎久彌別邸)本館玄関・茶室棟
三養荘(旧岩崎久彌別邸)本館客間棟
三養荘(旧岩崎久彌別邸)本館中央棟
三養荘(旧岩崎久彌別邸)本館待合
三養荘(旧岩崎久彌別邸)本館居間・書斎棟
ページトップへ