文化遺産オンライン

旧内田家住宅 主屋

うちだけじゅうたく おもや

概要

旧内田家住宅 主屋

うちだけじゅうたく おもや

住居建築 / 中部 / 愛知県

愛知県

明治/1869

木造、建築面積235.19平方メートル、一部二階建、桟瓦葺

1棟

知多郡南知多町内海字南側39番地

重文指定年月日:20170731
国宝指定年月日:

南知多町

重要文化財

旧内田家住宅は,廻船業で隆盛した内海地区を代表する廻船主の住宅である。明治2年建築の主屋の周囲に多数の附属屋が建ち並び,豪壮な屋敷構えを構成している。主屋は,広い土間に重厚な梁を架け,居室部には「仏間」と「神屋」と呼ばれる部屋を並べる。主屋に接続する座敷は上質なつくりで,廻船主たちが「戎構」という寄合を開いていたと伝える。
旧内田家住宅は,主屋の平面形式や附属建物の構成などに廻船主の住宅としての特徴をよく備え,明治初期に成立した屋敷構えをほぼ完全に留めており,太平洋側で希少な廻船主の住宅として高い価値を有している。

旧内田家住宅 主屋をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ 住宅 / 屋敷 /

関連作品

チェックした関連作品の検索