草原の道、ヴォードルイユ そうげんのみち、う゛ぉーどるいゆ

油彩画 

ロワゾー、ギュスターヴ (1865-1935)
ろわぞー、ぎゅすたーう゛
フランス
1900年
油彩、カンヴァス
66.7×82.0cm
1

ロワゾーはパリの装飾美術学校を出た後、ブルターニュにいたゴーガンのもとで制作をした。そこにはモフラやベルナールもいて、ポン・タヴェン派を形成していた。この絵が描かれた1900年には、ゴーガンはすでに一人タヒチで制作をしていたが、ロワゾーは、印象派的な明るい光を感じさせる風景画を描いている。この作品を見る限り、ゴーガンとその一派が推進した綜合主義からは遠く、むしろモネとの親近性を指摘できるほど、純粋に印象主義に近い。

作品所在地の地図

関連リンク

草原の道、ヴォードルイユチェックした作品をもとに関連する作品を探す

城のあるスミュールの眺め
城のあるスミュールの眺め

ベルナール、エミール

散歩
散歩

マネ、エドゥワール

牧草地の牛、ルーヴシエンヌ
牧草地の牛、ルーヴシエンヌ

シスレー、アルフレッド

黄昏の古路
黄昏の古路

ル・シダネル、アンリ

ヴォードルイユの農家
ヴォードルイユの農家

ロワゾー、ギュスターヴ

ページトップへ