川端龍子 「竹」 かわばたりゅうし 「たけ」

日本画 

昭和前期
紙本
縦140 横31.5
1幅
中野区登録有形文化財

川端龍子(1885~1960)。日本画の型を破る奇抜、豪放、大画面の作品を描いた。これは全面に力強く竹を配し、作家の特質がよく発揮されている。中野区内名主家旧蔵。

作品所在地の地図

関連リンク

川端龍子 「竹」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松本楓湖 「義光逢時元之図・義家見乱雁之図」
小杉放庵 「梅花遊禽図」
小杉放庵 「九月ききょう」
河鍋暁斎 「舞楽図」
水野年方 「藤娘」
ページトップへ