小杉放庵 「梅花遊禽図」 こすぎほうあん 「ばいかゆうきんず」

日本画 

昭和初期
紙本
縦47×横51
1幅
中野区登録有形文化財

昭和前期を代表する画家、小杉放庵(1881~1964)は初め洋画を学び、その後日本画に転じた。梅の花の白とわずかな朱色が全体にアクセントをつけ、気品をかもしだしている。中野区内旧名主家の伝世品。

作品所在地の地図

関連リンク

小杉放庵 「梅花遊禽図」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小杉放庵 「九月ききょう」
河鍋暁斎 「舞楽図」
水野年方 「藤娘」
梶田半古 「狸」
江古田獅子舞巡行絵巻
ページトップへ