Nawanagatoshi

名和長年

Details

Nawanagatoshi

名和長年

日本画 / 明治

梶田半古 (1870~1917)

かじたはんこ

明治期

【本紙】縦120.7cm×横50.6cm
【全体】縦213.0cm×横63.5cm
【軸長】69.3cm

1

富山県高岡市古城1-5

 梶田半古が描いた鎌倉後期・南北朝時代の武将・名和長年像である。
 資料手前中央に大きな松が2本、その奥に名和長年像が描かれている。名和長年は烏帽子に鎧を着いて跪いた姿で、傍らには弓が置かれている。画面奥には丘状地の向こう側に輿が描かれている。屋根に金色の鳳凰が飾られていることから天皇の乗る鳳輦(ほうれん)であり、名和長年の経歴からすると、後醍醐天皇に関係する物の可能性がある。右下部に落款・印章がある。落款は「半古」、印章は朱文方印「半古畫印」とある。

Search by Nawanagatoshi

Search by 梶田半古

Search by 高岡市立博物館

Keywords

描く / 菩薩 / 文殊 / silk

Related Works

Search items related to work chosen