名和長年 なわながとし

権利者:高岡市立博物館蔵

日本画 / 明治 

梶田半古 (1870~1917)
かじたはんこ
明治期
【本紙】縦120.7cm×横50.6cm
【全体】縦213.0cm×横63.5cm
【軸長】69.3cm
1
富山県高岡市古城1-5

 梶田半古が描いた鎌倉後期・南北朝時代の武将・名和長年像である。
 資料手前中央に大きな松が2本、その奥に名和長年像が描かれている。名和長年は烏帽子に鎧を着いて跪いた姿で、傍らには弓が置かれている。画面奥には丘状地の向こう側に輿が描かれている。屋根に金色の鳳凰が飾られていることから天皇の乗る鳳輦(ほうれん)であり、名和長年の経歴からすると、後醍醐天皇に関係する物の可能性がある。右下部に落款・印章がある。落款は「半古」、印章は朱文方印「半古畫印」とある。

作品所在地の地図

関連リンク

名和長年チェックした作品をもとに関連する作品を探す

双鶏之図
双鶏之図

竹村白鳳

古城観花
古城観花

正村陶所

伝名和長年像
伝名和長年像

長谷川等伯筆

俳句短冊「山吹の」ほか
「松聲庵」
「松聲庵」

裏千家15代 千宗室

ページトップへ