秋涼万水家々月 あきはばんすいにすずしかかのつき

 

長谷田義山 (1894~1985)
はせだぎざん
昭和後期
紙本・軸装・墨書
【全体】縦179.8cm×横37.9cm
【本紙】縦121.6cm×横33.9cm
【軸長】長さ43.7cm
1
富山県高岡市古城1-5
高岡市

 旧新湊市(現射水市)出身で富山市に住んだ医師・僧侶・俳人の長谷田義山による書である。
『禅林句集』などにある「秋沈万水家々月」の「沈」を「涼」としたもので、「水という水はみな清く涼み、至る処ことごとく月だらけである」という意味になる。即ち、大自然の働きに喩えて、仏の慈悲がいかに公平無私にして広大無辺であるかを示した句である。

作品所在地の地図

関連リンク

秋涼万水家々月チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和歌書《兼信先生古稀祝賀》
松風十二時
松風十二時

稲葉心田

前田利長書状
前田利長書状

前田利長

フィラデルフィア万国博覧会褒賞證状・薦告状
フィラデルフィア万国博覧会褒賞證状・薦告状

合衆国百年祭博覧会事務官 総裁 ゼイ・アル・ハウレイ,総幹事 エ・ティ・ゴーション,書記官 ゼイ・エル・カムプペル

俳句「雛祭り五句」
ページトップへ