Akihabansuinisuzushikakanotsuki

秋涼万水家々月

Details

Akihabansuinisuzushikakanotsuki

秋涼万水家々月

長谷田義山 (1894~1985)

はせだぎざん

昭和後期

紙本・軸装・墨書

【全体】縦179.8cm×横37.9cm
【本紙】縦121.6cm×横33.9cm
【軸長】長さ43.7cm

1

富山県高岡市古城1-5

 旧新湊市(現射水市)出身で富山市に住んだ医師・僧侶・俳人の長谷田義山による書である。
『禅林句集』などにある「秋沈万水家々月」の「沈」を「涼」としたもので、「水という水はみな清く涼み、至る処ことごとく月だらけである」という意味になる。即ち、大自然の働きに喩えて、仏の慈悲がいかに公平無私にして広大無辺であるかを示した句である。

Search by Akihabansuinisuzushikakanotsuki

Search by 長谷田義山

Search by 高岡市立博物館

Keywords

/ / /

Related Works

Search items related to work chosen