和歌書《兼信先生古稀祝賀》

 / 昭和以降 / 富山県 

筏井嘉一 (1899~1971)
いかだいかいち
富山県高岡市
昭和後期
紙本・墨書
【本紙】縦130.0cm×横33.0cm
【全体】縦130.0cm×横46.2cm
【軸長】52.8cm
1
富山県高岡市古城1-5
資料番号 3-02-03

 高岡市出身の歌人・筏井嘉一の和歌書。「兼信先生古稀祝賀」と題され「戦禍にて危ふかりにしみいのち(御命)を なか(長)らへませし 今日のよろこひ」。
 嘉一(1899~1971)の父は俳人・俳画家などとして活躍した竹の門。嘉一は大正3年(1914)北原白秋の巡礼詩社に入る。昭和3年(1928)柳田新太郎らと新興歌人連盟を結成。同15年から「蒼生」(のち「創生」)を主宰。歌集に『荒栲(あらたえ)』、『籬(り)雨(う)荘(そう)雑歌(ぞうか)』がある。

作品所在地の地図

関連リンク

和歌書《兼信先生古稀祝賀》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

羅漢図
羅漢図

正村陶所

俳句短冊「山吹の」ほか
俳句短冊「庵杉の」
俳句短冊「庵杉の」

筏井竹の門

黒田焼 筏井竹の門絵付茶鉢
黒田焼 筏井竹の門絵付茶鉢

絵付:筏井竹の門

秋涼万水家々月
秋涼万水家々月

長谷田義山

ページトップへ