羅漢図 らかんず

権利者:高岡市立博物館蔵

その他の画像全2枚中2枚表示

日本画 / 富山県 

正村陶所 (1886~1954)
まさむらとうしょ
富山県高岡市
明治~昭和期
紙本・墨画淡彩
【本紙】縦133.1cm×横33.5cm
【全体】縦205.1cm×横45.9cm
【軸長】51.3cm
1
富山県高岡市古城1-5
資料番号 3-01-01-18
高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

 高岡出身の日本画家・正村陶所が描いた羅漢図。5人の羅漢(仏道修行者)のうち、半託迦尊者(はんたかそんじゃ)は、香炉の煙から龍を現出させており、跋陀羅尊者(ばだらそんじゃ)は虎を従えている。
 正村陶所(1886~1954)は、高岡市木舟町の発田家出身。冨田渓仙に影響を受け、独創性豊かな淡墨彩画を描く。また、地方風物に題材を求めたものも多い。また、高岡の漢詩人・大橋二水などに漢詩を学び、筏井竹の門等俳人との交流も広い。

作品所在地の地図

関連リンク

羅漢図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古城観花
古城観花

正村陶所

「古城公園ノ詩」(七絶)
古府焼 羅漢香炉
古府焼 羅漢香炉

内藤心月

扇面合作(二見温泉にて)
扇面合作(二見温泉にて)

賛:筏井竹の門,画:冨田渓仙

漁樵図屏風
漁樵図屏風

堀川敬周(1789頃~1858)

ページトップへ