古府焼 羅漢香炉 こふやき らかんこうろ

権利者:高岡市立博物館蔵

陶磁 / 富山県 

内藤心月 (1858~1921)
ないとうしんげつ
富山県高岡市
明治43~大正3年頃/1910~14頃
土・焼成,焼締,手びねり
幅9.2cm×奥行8.5cm×高11.9cm
1
富山県高岡市古城1-5
3-03-03-16
高岡市蔵

古府焼は、内藤心月(現愛知県常滑市出身。1858~1921)が明治43年(1910)に伏木古府の御亭角にあった北村作右衛門の瓦窯で焼いたことが始まりとされる。
羅漢とは仏道修行者のことで、香炉を持つ様子から、半託迦尊者を表していると思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

古府焼 羅漢香炉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古府焼 焼〆菓子鉢
羅漢図
羅漢図

正村陶所

古府焼 焼〆富士釜
古府焼 焼〆富士釜

内藤 心月

古府焼 灰釉獅子香炉
前田利長公像
前田利長公像

原型:米治一,鋳造:北村俊之

ページトップへ