文化遺産オンライン

和歌短冊

わかたんざく

作品概要

和歌短冊

わかたんざく

その他 / 大正 / 富山県

筏井竹の門画・筏井嘉一賛

いかだいたけのかど・いかだいかいち

富山県高岡市

大正期頃

紙・短冊・墨画淡彩,墨書

縦35.8cm×横6.0cm

1枚

富山県高岡市古城1-5

3-99-15

高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

近代高岡文芸の盟主で俳人・俳画家の筏井竹の門(1871~1925)と、息子で歌人の嘉一(1899~1971)との合作短冊。
魚を入れた籠を掲げる海女と大根が描かれた背景に、賛「おのづから 涙は垂れてすべなしや/病みの小床に眼はつぶれども」がある。
裏には嘉一の歌「入りつ日に きらりと光るビイドロの/なかに泳ぎてさびしき金魚」がある(3-99-16)。

和歌短冊をもっと見る

筏井竹の門画・筏井嘉一賛をもっと見る

高岡市立博物館をもっと見る

キーワード

筏井 / 嘉一 / 高岡 /

関連作品

チェックした関連作品の検索