書簡「自画像」 しょかん「じがぞう」

日本画 / 大正 / 富山県 

筏井竹の門 (1871~1925)
いかだいたけのかど
富山県高岡市
大正12~13年頃/1923~24年頃
紙本・軸装・墨画
縦36.0cm×横33.8cm
1
富山県高岡市古城1-5
3-01-01-28
高岡市蔵

高岡ゆかりの俳人・俳画家の筏井竹の門(1871~1925)が、俳句の弟子で陶芸家の内島北朗(1893~1978)に宛てた手紙。北朗夫人の快気のお祝いとともに自分の病状を伝える。
竹の門は、旧金沢藩士の家系で金沢市出身。旧名は向田虎次郎。明治25年(1892)高岡に転居し、繊維商に勤務する。同30年には日本派俳句会「越友会」の指導者として、越中俳壇に貢献する傍ら、俳画にも打ち込み、多数の作品を遺した。句集・歌集・遺墨集4種がある。

作品所在地の地図

関連リンク

書簡「自画像」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松図
松図

筏井竹の門

小督の塚
小督の塚

筏井竹の門

俳句短冊「庵杉の」
俳句短冊「庵杉の」

筏井竹の門

俳句短冊「山吹の」ほか
大和路俳句
大和路俳句

山口花笠

ページトップへ