葡萄と桃のある静物 ぶどうともものあるせいぶつ

油彩画 

ファンタン=ラトゥール、アンリ (1836-1904)
ふぁんたん=らとぅーる、あんり
フランス
19世紀後半
油彩、カンヴァス
30.0×41.0cm
1

ファンタン=ラトゥールは、印象派の画家と親しく交遊のあった人物だったが、印象派の運動には参加せず、独自のアカデミックな道を歩んだ画家である。その素地は、若い頃よりルーヴルに通い、16世紀ヴェネツィア派や17世紀フランドルの巨匠たちの作品の模写をした絵画体験から生まれている。本作にみられるように彼の表現は、暗色による渋い背景に、堅固で明快な構成をもつ写実的な造形が特徴である。

作品所在地の地図

関連リンク

葡萄と桃のある静物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

フローラ
フローラ

デュボワ、アンブロワーズ

漁師の娘
漁師の娘

ブーグロー、ウィリアム・アドルフ

饗宴
饗宴

フランケン、フランス(子)

トゥーロン湾の眺め
トゥーロン湾の眺め

マルケ、アルベール

赤い服の女
赤い服の女

ルノワール、ピエール=オーギュスト

ページトップへ