Tanegashimahomanjinjanotauematsuri

種子島宝満神社の御田植祭

Details

Tanegashimahomanjinjanotauematsuri

種子島宝満神社の御田植祭

無形民俗文化財 / 九州

指定年月日:20160302
保護団体名:宝満神社赤米お田植え祭り保存会
備考:公開日:毎年4月3日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などへご確認ください)

重要無形民俗文化財

本件は,鹿児島県熊毛郡南種子町茎永に鎮座する宝満神社で行われる行事で,赤米,御稲などと呼ばれる赤みを帯びた米の苗を神田に植えて豊作を祈願する農耕行事である。
神田に隣接した御田の森と呼ばれる小高い山で赤米の苗などを供えての祈祷があり,苗が授けられる。
次いでオセマチと呼ばれる神田での田植えとなり,田植歌と太鼓に合わせて男性のみによって厳かに行われる。
田植えが終わると,神田に隣接した舟田と呼ばれる三角形の田で,氏子の中の夫婦一組が両手に赤米の苗をもって御田植舞を奉納した後,手にした苗を舟田に植える。
最後に直会(なおらい)があり,前年に収穫された赤米の握り飯などが供される。直会で供されたものを食べると,1年間無病息災に過ごすことができるとされる。
(※解説は指定当時のものをもとにしています)

Related Works

Search items related to work chosen