文化遺産オンライン

瑞花双鳳八稜鏡

ずいかそうほうはちりょうきょう

作品概要

瑞花双鳳八稜鏡

ずいかそうほうはちりょうきょう

平安

平安時代

鏡面に五尊仏像を線刻,青銅 鋳造 

径12.2 縁高0.6 縁幅0.2 重190

日本

刻銘「寛弘四年丁未戌壬五月廿九日甲午始」

瑞花双鳳八稜鏡をもっと見る

東京藝術大学大学美術館をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索