聖寿寺館跡出土金箔土器 しょうじゅじたてあとしゅつどきんぱくどき

その他の画像全3枚中3枚表示

石器・石製品類 / 東北 

青森県
室町時代
中世土師器系の素焼きの土器で、非ロクロ成形が2点、ロクロ成形が1点である。
3点
青森県三戸郡南部町大字沖田面字沖中46
有形文化財(美術工芸品)

東北地方の中世城館跡からのかわらけ(中世土師器)の出土は、極めて珍しい事例である。中でも金箔装飾した事例は、東北地方の中世段階では現在知見の限りでは正寿寺館跡が初めてである。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

聖寿寺館跡出土金箔土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

向鶴銅製品
聖寿寺館跡
天白遺跡出土品<BR/>一、土器 1,686点<BR/>一、土偶 66点<BR/> 一、その他の土製品 23点<BR/> 一、石器 376点<BR/> 一、石製品 61点<BR/>一、辰砂原石 1点
史跡脇本城跡出土遺物
土偶/青森県有戸鳥井平4遺跡出土
ページトップへ