不忘閣座敷蔵 ふぼうかくざしきぐら

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 明治 / 東北 

宮城県
明治/1896年頃
土蔵造2階建、鉄板葺、建築面積59㎡
1棟
宮城県柴田郡川崎町青根温泉1-1
登録年月日:20141219
登録有形文化財(建造物)

文庫蔵と穀蔵の間に並び建ち、一体的な置屋根をかける。土蔵造二階建、桁行一一メートル梁間五・五メートルである。東面に戸口を二箇所設け、外壁は漆喰塗で鉢巻を廻らせ、一階の腰及び二階東面の腰を海鼠壁とする。二階はもと居室で、逗留客に供された。

作品所在地の地図

関連リンク

不忘閣座敷蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

不忘閣文庫蔵
不忘閣穀蔵
阿部家住宅文庫蔵
蔵の郷土館齋理屋敷時の蔵
蔵の郷土館齋理屋敷嫁の蔵
ページトップへ