旧網走刑務所二見ヶ岡刑務支所(二見ヶ岡農場) 庁舎 きゅうあばしりけいむしょふたみがおかけいむししょ(ふたみがおかのうじょう) ちょうしゃ

近代その他 / 明治 / 北海道 

北海道
明治/1896
木造、建築面積154.55㎡、北面渡廊下附属、鉄板葺
1棟
北海道網走市呼人三番地
重文指定年月日:20160209
国宝指定年月日:
公益財団法人網走監獄保存財団
重要文化財

旧網走刑務所二見ヶ岡刑務支所は,明治29年,北海道集治監網走分監の屈斜路外役所として,広大な土地で農業を行い自給自足を図るため開設された。昭和4年に網走刑務所二見ヶ岡刑務支所となり,平成11年博物館に移築された。施設は明治29年建築の庁舎,舎房,炊場と,大正15年に増築された教誨堂及び食堂,昭和5年の鍵鎖附着所からなる。全国でも珍しい農園を持つ刑務所の建築群で,当初に遡る主要建物を良く残し,特に舎房は明治中期に遡る獄舎建築として歴史的価値が高い。また一連の施設を残している点でも貴重で,刑務所の構外農園施設の発展過程をよく示しており,行刑史上高い価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

旧網走刑務所二見ヶ岡刑務支所(二見ヶ岡農場) 庁舎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧網走監獄 庁舎
博物館網走監獄鏡橋入口哨舎
博物館網走監獄煉瓦造独居房
小岩井農場施設 第四号牛舎
桂ヶ岡砦跡
ページトップへ