旧臨時緯度観測所眼視天頂儀室 きゅうりんじいどかんそくじょほんかんがんしてんちょうぎしつ

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 明治 / 東北 

岩手県
明治/1899
鉄骨造平屋建、鉄板葺、建築面積15㎡、石造天頂儀台附属
1棟
岩手県奥州市水沢区星ガ丘町2-1
登録年月日:20171027
登録有形文化財(建造物)

鉄骨造平屋建、切妻造鉄板葺で、観測のため屋根がレール上を移動して上部開放とする仕組み。外壁は空気循環を意図した鉄製鎧板である。内部中央には天頂儀を設置するための石造の台が置かれる。国際緯度観測事業のために設置された希少な施設である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧臨時緯度観測所眼視天頂儀室チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧臨時緯度観測所眼視天頂儀目標台及び覆屋
旧臨時緯度観測所本館(木村榮記念館)
東京商船大学旧天体観測所(第二観測台)
国立天文台レプソルド子午儀室
東京商船大学旧天体観測所(第一観測台)
ページトップへ