松桜杜若模様紅型衣裳 まつさくらかきつばたもようびんがたいしょう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 日本 

沖縄
琉球王国時代/19世紀
木綿(黄色地)・型染(片面)
丈136cm 裄61.1cm
1領
〒252-8538 神奈川県相模原市南区麻溝台1900
衣裳 単衣 染織・装身具 日本(1900年以前)
女子美術大学

紅型は主に沖縄で制作されていた染め技法で、型染めの範疇に含まれる。松と梅、杜若と流水模様の大模様型の型紙と、燕の中模様型の型紙をつなげて、ひとつの大きな模様を染め上げる、鎖大模様型の衣裳。衣裳 単衣。

旧カネボウコレクション2209-14

作品所在地の地図

関連リンク

松桜杜若模様紅型衣裳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

流水梅模様紅型衣装
沢瀉桜模様紅型衣裳
枝垂桜蛇籠杜若模様紅型衣裳
桜模様紅型衣裳
飛鶴松模様紅型衣裳
ページトップへ