無尽燈 むじんとう

その他 / 江戸 / 佐賀県 

田中儀右衛門 (1799~1881)
たなかぎえもん
江戸時代後期
2点
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市
重要文化財

 江戸時代、灯火に使用されていた菜種油は、粘性が強く、芯への浸透が容易ではなかった。天保8(1837)年に田中久重により考案された無尽燈は、19世紀のはじめ頃、オランダ人によってもたらされた気砲(空気銃の一種)の原理が応用されている。
 武雄鍋島家旧蔵資料には、2本の無尽燈が含まれる。佐賀県内にはこの2本を含め現在4本の無尽燈が確認されているが、残りの2本も武雄領内の旧家に所蔵されていたもので、本来は4本ともが武雄に残されていたことになる。
※写真の無尽燈の内、左側の口の広いホヤは複製。

関連リンク

無尽燈チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ガラス製御手拭掛
半円儀
半円儀

金子吉兵衛

ボンベン野戦砲(施条カノン砲)
長崎方控
望遠鏡
ページトップへ