平安女学院有栖館青天門 へいあんじょがくいんありすかんせいてんもん

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 明治 / 近畿 

京都府
明治/1912/1923・1952移築
木造、銅板葺、間口3.6m、左右袖塀付
1棟
京都府京都市上京区下立売通烏丸西入五町目町185-1他
登録年月日:20120223
学校法人平安女学院
登録有形文化財(建造物)

敷地東側の烏丸通に面して建つ平唐門。いわゆる兜門形式になり、間口3.6メートル、銅板葺。軒を吹寄の輪垂木、扉を1枚板とし、良質なケヤキをふんだんに使用する。袖塀は桟瓦葺、壁は漆喰塗、腰を下見板張とする。優れた意匠を持つ大正期の邸宅の門である。

作品所在地の地図

関連リンク

平安女学院有栖館青天門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

平安女学院有栖館長屋門
本能寺表門
鮒鶴南門
木村家住宅門及び塀
岐美家住宅門
ページトップへ