長崎伊王島の図 いおうじまのず

絵図・地図 / 江戸 / 佐賀県 

江戸時代
紙本着色
縦84.5cm 横211cm
1舗
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市
重要文化財

 長崎の神之島の絵図。佐賀藩は嘉永19(1672)年から、福岡藩と交代で長崎警備の任に就いた。(福岡藩は嘉永18年から開始)ただし、長崎湾口の島々は佐賀藩領であったため、長崎警備の当番年、非当番年にかかわらず、独自で防衛体制を維持していかなければならなかった。
 1850年代には佐賀藩独自で、伊王島・神之島に台場(砲台)が築造された。絵図は、工事前の状態の上に、工事後の状態が貼付されている。

関連リンク

長崎伊王島の図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

神之島の図
伊王島・四郎島・神之島矢利絵図
神ノ島・四郎島填海工事之図
長崎表異船渡来ニ付而、旦那様都合御心遣被為蒙仰候一通控 地
築地大銃製造方之図
築地大銃製造方之図

青里(秀島成忠ヵ)

ページトップへ